大谷翔平 名言集



世の中には「天才」と呼ばれる人物が存在しているかと思いますが、彼ほど今後の可能性を期待させてくれる「天才」は存在するのでしょうか?

早速ではありますが、その人物と言うのは「大谷翔平」です。

彼の様に「ワクワク」させてくれるアスリートってなかなか珍しいと思います。

なんせ、投手・野手の二刀流ですからね、しかも世界最高峰のMLBでそれを実現させたのですから賞賛以外の何物でもありません。

まあ、二刀流に関しては日本時代からも取り組んでいましたが、MLBでも挑戦しそれなりの実績を残したのですから今後、どうなっていくのかワクワクしてしまいますよね。

二刀流に関しては一部専門家が「野手に専念した方がいい」や「投手に専念した方がいい」なんて意見があるみたいですが、このまま二刀流で挑戦し続けて欲しい、と個人的には思います。

そんな訳で今回は、「大谷翔平」の名言を皆様にご紹介していきたいと思います。

それではどうぞ!

スポンサーリンク

大谷翔平とは?

大谷翔平 名言集



大谷翔平は岩手県奥州市出身の24歳、プロ野球選手で現在はMLBのロサンゼルス・エンゼルスに所属しています。

花巻東高校にプロになるべく、「プロ志望届」を提出し、MLBに挑戦する意向を示すもNPBの北海道日本ハムファイターズにドラフトで1位指名を受け、数度の交渉を経て北海道日本ハムファイターズへの入団を表明。

この時に「二刀流育成プラン」を提示され、二刀流として野手・投手両方を並行していく事となる。

その結果、プロ2年目には「11勝・10本塁打」を記録し、NPBとしては史上初の「二桁勝利・二桁本塁打」を達成する活躍を果たす。

翌年の2015年には投手として「最多勝・最優秀防御率・最高勝率」の投手三冠を獲得。

2016年には「二桁勝利・100安打・20本塁打」を記録し、チームもリーグ制覇・日本一を達成する。

2017年は怪我の影響で思うような活躍は出来ませんでしたが、年末にMLBのロサンゼルス・エンゼルスと契約合意の発表。

2018年よりMLBで二刀流として大きな一歩を踏み出しました。

今後の活躍が大いに期待される大谷翔平、今シーズンも彼の活躍を期待しましょう!

それでは下記より大谷翔平の名言をご紹介していきます。

スポンサーリンク

大谷翔平の名言①

【誰もやったことがないからやっている。自分しかやっていないところに魅力がある】

これはまさしく二刀流についてですよね。

彼の二刀流の何が凄いって投手・野手どちらでも一流の能力を持っている事ですよね。

それがどっちか一本にするのではなく、両方チャレンジするのだから見ている我々も凄く魅力を感じるのだと思います。

過去を遡れば二刀流にチャレンジした人は存在していますが、現時点で本格的に二刀流として活躍して実績を残しているのは大谷翔平だけでしょう。

彼自身もその部分に魅力を感じているので今後も突き進んで欲しいですね。



大谷翔平の名言②

【オフに入るにあたり、改めてやらなければならないと強く思った。手を抜いているヒマも遊んでいるヒマもないと】

大谷翔平の野球への真摯な取り組みが垣間見える言葉だと思います。

彼ほどの才能をもってしても、自分が何をすべきか、向上する為にはどの様な事をしなくてはいけないのか、という点を把握しているのだな、とこの文から伺えます。

どれ程才能ある天才と言えども、日々の努力は怠らず上に上に進んでいこうという向上心は我々も見習わなくてはいけない部分だと思います。

年齢的にもまだまだ遊びたい年頃だと思いますが、こういう考えを持てるというのは素晴らしい青年ですね。

スポンサーリンク

大谷翔平の名言③

【誰よりもしっかりと野球に向き合い、練習に取り組んできたという自信がある】

この言葉も大谷翔平の野球への情熱や思いが伺える言葉ではないでしょうか。

「天才」と呼ばれる人物は時によってはその「能力」だけに目が行ってしまい「努力」の部分が見えずに妬みにも似た言葉を言われる事もあるでしょう。

ただ大半の才能ある方々は生まれ持った「天賦の才」をベースに常人以上の努力をしてきたからこそ、その地位がある訳だと思います。

彼自身、生まれ持った才能が素晴らしかったという点も勿論あると思います。

ただそれ以上に、この文からも読み取れるように今の大谷翔平があるのは彼がたゆまぬ努力を続けてきた証なのでしょうね。


大谷翔平の名言④

【出来なかった事が出来る様になるのが楽しいんです】

これは皆さんにも思い当たる部分はあるのではないでしょうか?

何事も最初から全てが出来る訳ではないですし、出来なくて当たり前な事もありますよね。

でもそれを、失敗を重ねながらも徐々に徐々に出来ていく事を体験・経験した事がある方も多いかと思います。

大谷翔平だって最初から165㎞/hのストレートを投げられた訳ではありませんからね。

出来ない事を出来る様になる為に努力をし、その結果出来る様になった時は感慨もひとしおですよね。

スポンサーリンク

大谷翔平の名言⑤

【よかった試合より、失敗してしまった試合の方が心に残るんです】

人間生きていれば必ずしも良い事ばかりではなく、悪い事も起こり得ますよね。

「失敗は成長の糧」なんて言葉もありますが、まさにその通りでしょう。

悪かった事や失敗した事に対し目を背け現実を直視して、「何故失敗したのか?」と言う部分を見つめ直さないと改善は出来ないと思います。

そこの部分に目を向けられる事が出来るのか、はたまた逸らしてしまうのか、この2つだとどちらが自分自身として見つめなくてはいけないかと言うのは明白だと思うんですよね。

ネガティブな事には目を向けたくない気持ちも分からなくは無いです。

やはり、ステップアップしたければ「何が悪くてどこを改善しなくてはいけないのか」と言う部分を見つめなおさなくてはいけないんだと思います。


まとめ

大谷翔平 名言集



ゲームの様な能力を備えている事から「リアルパワプロ選手」なんて呼ばれ方を一部でしている大谷翔平。

それ程彼は規格外、という事なんでしょうね。

私自身、野球に詳しい訳ではありませんが、単なる素人目線で話をさせて貰うと「なんで投手と野手、両方出来んの?」と単純に思ってしまいます。

それもNPBでステップしてMLBでも実践している訳ですからね。

普通の物差しでは彼を測る事は出来ませんね。

こんな規格外の選手が日本人として存在している事を誇りに思い、これからも応援していきたいですね!

以上、大谷翔平の名言集が心に響く!~あなたへのメッセージ~でした!!


スポンサーリンク