相葉雅紀 名言集



相葉雅紀さんと聞いて顔が思いだす人、嵐の相葉雅紀さんといえばわかる人、そもそも嵐もわからない人、世の中には様々な人がいます。

その人のことがわからない、知らないことは決して悪いことではありません。

テレビを通しての彼しかわかりませんが、伝わってくるのはとにかくどんなことにも一生懸命な人という印象があります。

きっとほとんどの方が、それに類似した印象を持っているのではないでしょうか。

どうしてそう感じるのかは、彼自身が言っている言葉からもわかると思います。

相葉雅紀さんって誰? という方にも、彼に好感を抱いてしまいそうな言葉を選んでみました。

と、その前に、まずは相葉雅紀ってどんな人? ということで、彼のことをざっくりと知っていただきたいと思います。

スポンサーリンク

相葉雅紀とはどんな人物?

相葉雅紀 名言集



1982年12月24日生まれ千葉県出身のアイドルです。

5人組の男性アイドルグループ嵐のメンバーで、アイドル以外にもバラエティや役者としても活躍しています。

嵐のCDデビューは1999年です。

役者としての実績も多く、代表作と言えば主演作の「三毛猫ホームズの推理」「ようこそ、わが家へ」「探偵貴族」ではないでしょうか。

3作ともミステリ作品というのも意外な偶然なのか、相葉雅紀さんといえばミステリ作品なのか……

相葉雅紀さんといえばバラエティ色が強いイメージがありますが、司会もされています。

その代表といえば紅白歌合戦かと思います。

おそらく、こちらの視界をされたことで老若男女幅広く知られ知名度が上がったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

相葉雅紀の名言①

「楽しいから笑うんじゃなくて、笑えば楽しくなるだろうって考え方。だから笑う」

辛い時ほど、苦しい時ほど笑うという考えの方は少なくありません。

創作などでも、それに類似したセリフが出てくることがあります。

言うのは簡単ですが、実践するのは難しいです。

しかし、日ごろから笑うことを心掛けていれば自然となんてないことでも楽しくなるだろうという考えはわからないでもないです。

気持ちの持ちようかもしれませんが。

こういう考え方ができる人は素晴らしいと感じます。

見習いたい名言ですね。

相葉雅紀の名言②

「生まれ変わっても嵐になりたい」

生まれ変わっても同じ人生を歩みたいともとれます。

殆どの人は違う人生を選びたがると思いますが、彼の場合は同じでいい……

それは今がとても充実しているということなのでしょう。

辛い時も苦しい時も楽しい時もひっくるめて充実していると感じられることは、とても羨ましいともいえます。

それだけ後悔のない人生なのです。

そう言い切れる人生を歩みたいものです。

きっとそれは、そう思ってからはじめても遅くはないと感じます。

やり直すのではなく、生き方を変えるといった方がいいでしょう。

そのまず一歩が名言①にあるような「笑えば楽しく~」なのだと思います。

スポンサーリンク

相葉雅紀の名言③

「本当に毎日が違っていて、同じ日は2度とないって言える」

実は毎日同じように生きているつもりでいても、まったく同じ日はないのです。

と、筆者は思っています。

同じ日は二度とないと言い切れます。

仮に、一日中ゴロゴロして過ごしたとしても、そっくり同じようには過ごせません。

似たような毎日ならありえますが、同じはありません。

似たような毎日が繰り返されるような日々の人が大多数だとするならば、毎日が違うと言い切れてしまう充実感って素晴らしいと思います。

相葉さんのお仕事も関係していると思いますが。

勤務時間が決まっている仕事をしていても、気持ちの持ち方によっては毎日が違っていると感じている人もいるでしょう。

毎日が繰り返されていると感じたなら、少しだけ気持ちを変えてみるのもよいかもしれませんね。

相葉雅紀の名言④

「悩んだり落ち込んだりするのもよし! その分きっと何かが得られるから」

筆者は人生の中で悩むことも落ち込むことも大事な経験だと思っています。

悩むということは、真剣に向かい合っている証拠ですし、落ち込むということは感情の起伏があるということです。

人は生きている限り、喜怒哀楽の感情は不可欠です。

それが欠けるというのは、なにかがおかしいのです。

悩んだことがないことをいいことと、つまり優柔不断ではないと捉えることもできますが、時と場合にもよりますよね。

人生がかかっている時に悩まない人っているでしょうか。

それらの経験はきっと先の人生、役に立つと信じ、真剣に悩み、落ち込むべきなんだと思います。

この名言も、たぶんそういうことを指しているように捉えてもよいと感じました。

スポンサーリンク

相葉雅紀の名言⑤

「根性があるって一番すごいでしょ。簡単なようで難しいこと」

諦めが肝心とも言いますが、果たしてどんな場合でも諦めればいいのでしょうか。

時には諦めることを逃げるとも言いますよね。

面倒なことは諦めてしまう、そこから逃げてしまう、それってとてもラクなことで実は簡単なことなのです。

でも、逃げずに諦めずに、そのことに挑むってなかなかできることではありません。

なぜなら、諦めてしまいたくなるくらい、それから逃げてしまいたいくらい辛いことだからです。

だからこそ、相葉さんは根性があるって一番すごいと感じたのでしょう。

まとめ

相葉雅紀 名言集



嵐のメンバーといえば誰が最初に名前が出てくるでしょう。

おそらくは松本さんか二宮さんではないでしょうか。

最近は桜井さんかもしれません。

三人に比べ露出の派手さがない相葉さんですが、彼の名言からはお人柄が感じられる言葉ばかりでしたね。

謙虚で努力家で、それでいてどんなことも楽しもうとする前向きな姿勢が感じられます。

それこそが彼の持ち味なのだと気づかされました。

これからは彼の発する言葉ひとつひとつを聞き逃さないようにしたいと感じました。


よかったらこちらの名言もおすすめです^^

スポンサーリンク